東大阪繊維研究所 / HOFI-012 リネンコットン モンスターオンスTシャツ

19,800円(税1,800円)

 SML2L
グレー
チャコール
19,800円(税1,800円)
在庫なし
ネイビー
ブラック
購入数

一枚ならレターパックライトに入ります。



ノルマンディ産の一等亜麻原料を使って微配色の杢に撚糸したリネン
超長綿のコットンとのプレーティング編みによる13オンスを超える生地の厚さ
それでいて着ると重さを感じないデザイン。

素材、縫製にとことん拘ったらこうなりましたって感じのTシャツ。

カラーバリエーションは上からグレー、チャコール、ネイビー、ブラックの4色。

写真では分かりにくいですが、ブラック以外の3色は微配色の撚糸杢になっています。
それぞれ、グレーはシルバーグレーとミドルグレーの掛け合わせ。
チャコールはダークグレーとネイビーの掛け合わせ。(ブラウンっぽいカラー)
ネイビーは青味のネイビーと黒味のネイビーの掛け合わせ。

名前の通りコットンとリネンを両方使用した複合素材のTシャツ。
繊維の素材を複合させるやり方にもいろいろあって
原料のいわゆるワタの段階で混ぜる方法を「混紡(こんぼう)」
コットン糸とリネン糸を撚りあわせる方法を「交撚(こうねん)」
コットン糸とリネン糸を組み合わせて編む方法を「交編(こうへん)」と呼び分けています。

今回の生地は交編で素材を複合させています。
この交編のやり方にもボーダーや引き揃え、裏毛やインレーなどこれまた色々とあって面白い分野なんですが
今回は様々な方法がある中からプレーティングという編み方を採用しました。

プレーティング編みの仕組みは比較的簡単で
生地の外側がリネンで内側がコットンになるように糸を内外に並べて編んでいます。

結果的にTシャツの外観はリネン100%のように見えながら
肌ざわりとしてはコットンになるという美味しいとこ取りの理想的な1枚が出来上がります。

外側はリネン100%なので自然な光沢があって肌触りはサラッとしていて滑らか、多少ドレープ感もあります。
簡単に言うとややドレスよりで大人な印象のTシャツですね。

シルエットはあくまでもシンプルで、襟のデザインや型紙は基本的に定番である
HOFI-008 インド超長綿天竺 タック襟丸首Tシャツという品番と同じになっています。

脇から裾にかけてやや絞り気味のシルエットにしてあるので着ると痩せて見えるのと
肩周りがゆったりしていて楽に着れるのがポイントです。

さてこの品番、リネンコットン モンスターオンスTシャツという品名です。
モンスターオンスと言うのは当ブランドで使用しているオリジナルの言葉で
ヘビーオンスの上のそのまた上くらいの厚みを持った怪物級の生地厚のシリーズであることを意味しています。

この生地はというと、なんと14オンス近い重さです。
試作の段階ではもっと重かったのですが、少し軽くしてなおこの重さ。
ちなみにMサイズ1着あたり405gなので、重さだけならスウェットと違わないほどですね。
けれども先に書いたように動きやすいデザインにしてあるので、実際に着てみると驚くほど重さを感じません。
重厚な生地を使うことで何度洗ってもヘタらない頑丈さを維持しつつ
リネン特有の上質な印象を持つ大人のTシャツに仕上がっています。

実は襟パーツもボディの糸と同じもの使ってオリジナルで作ってます。

左袖口に織ネームが付いていますが、必要ない方はカートの中の備考欄に”タグ不要”と記入してください。
織ネームを外してお送りします。


サイズ / 肩幅 / 袖丈 / 身幅 / 裾幅 / 着丈 (単位cm)
S / 42 / 20 / 51 / 47 / 66
M / 44 / 21 / 53 / 49 / 68
L / 46 / 22 / 55 / 51 / 70
2L / 48 / 23 / 57 / 53 / 72
着丈は首のリブは含まず計測。また、着丈はお洗濯で1〜1.5cm縮みます。
個体差により多少の誤差があります。

・モデル 身長173cm 体重66kg Mサイズ着用 (着画は未洗いの物を着ています。)

展開カラー / グレー / チャコール / ネイビー / ブラック
素材 / 56% linen、44% cotton
日本製

グレー



チャコール



ネイビー



ブラック




おすすめ商品